カバマダラ、羽化せず。

画像
庭のトウワタにいたカバマダラの幼虫は2m程離れた鉢植えのマンサクの枝で蛹化しました。蛹の色が変わり、羽の模様もうっすらと見えてきたので、そろそろ羽化するかなと楽しみにしていましたら、いつまで経っても羽化しません。そのまま死んでしまったようです。このところの寒さが原因かもしれません。カバマダラをはじめホシボシキチョウやルリウラナミシジミなど、宮崎にやって来た南方系の蝶は寒いと孵化率が悪くなります。孵化すると幼虫から蛹まで育つことが多いですが、蛹の色変わるとそのまま羽化せず死んでしまうものが多いような気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック