ニホンホホビロコメツキモドキ

コメツキモドキと言えば、ニホンホホビロコメツキモドキも見かけます。伐採されてまだ日が経たない青いメダケで交尾していることもあります。♀は体が大きく左の頬が大きいのが特徴です。硬い竹に産卵の穴を開けるために左の頬が大きくなったのだろうと言われています。
画像

伐採されて間もない竹での交尾

画像

まだ青い竹に付けられた産卵孔

画像

竹の中にいた幼虫

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック