カブトムシの森(タイワンツバメシジミ保全のための試験地)は壊滅的な打撃を受けました。

カブトムシの森のシバハギが殆どなくなりました。一部のマニア(プロ?)がこれほどまでに悪質だとは思いませんでした。今年もタイワンツバメシジミ保全の試験地として調査・観察を続けることができなくなりました。モラルに訴える看板だけではこの人達には全く効果がありません。多くの真面目な採集者の人達には気の毒だと思いますが、このような行為があるので、採集者が嫌われ悪者扱いされるのでしょう。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大分のチョウ
2011年10月10日 23:02
嘆かわしくも残念であるとしか言いようがありません。

この記事へのトラックバック