鬼の目山林道

200728kenhoku.jpg新型コロナで県外に出られないので,7月はユネスコエコパークに指定された県北を回りました.宮崎県では北方系のアオクチブトカメムシやヒメハサミツノカメムシがおり,甲虫ではエノキミツギリゾウムシ,ビロウドアシナガオトシブミやオオマドボタルが見つかりました.

庭にシルビアシジミがやって来ました.

200708silvia-2.jpg200708silvia.jpg雨の合間に庭に出ると,今年もシルビアシジミが来てくれていました.絶滅危惧Ⅰ類のチョウを3年続けて庭で見ることができるのは嬉しいです.庭に姿を見せるのはいつも6月下旬から7月初め頃で,おそらく今年の第3化の個体です.第3化になると個体数が増え,各地に分散しますが,無事に越冬した1化のシルビアシジミがいるからこそ,自宅の庭で絶滅危惧Ⅰ類のチョウが楽しめます.越冬地は写真のように一年を通してミヤコグサが生えている河川敷などです.除草管理方法が変わればすぐになくなりますが,大淀川にはこのような環境がまだ何カ所か残っていますので,大切に見守っていければと思っています.