タイワンツバメシジミ生息地の保全活動

画像
今年もタイワンツバメシジミが棲息している「カブトムシの森」の除草・整備活動を、宮崎青年会議所と宮崎昆虫同好会が実施しました。特に、外来植物のシナダレスズメガヤの繁茂が激しいので、シバハギが生えやすいよう伐根作業を行いました。遊歩道も整備し、家族連れで楽しめるようにもしました。昨年は、タイワンツバメシジミの幼虫が、悪質なマニアにシバハギごと殆ど採集されてしまいましたが、今年はそのような事がないよう蝶愛好家のモラルを信じたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大分のチョウ
2009年06月16日 01:36
お疲れ様でした。きっと皆さんの苦労は9月のはじめには報われると思います。重機まで入ってすごい活動だと感心しています。
多くの人が自由にチョウが観察できる環境が整うというのはとてもすばらしく有意義なことと思います。

この記事へのトラックバック