この冬も宮崎市内でクロボシセセリが年を越しています。

画像

昨年は宮崎でクロボシセセリが幼虫で冬を越し、春には成虫が発生したのを確認しました。今年の冬は寒いので流石にクロボシセセリも越冬するのは難しいだろうと思いつつ、1月29日に小内海の生息地を調査をしました。ヤシの葉に多数の卵殻がありましたが、幼虫の巣は少なかったです。幾つか見つけた巣を開けると、2つだけ幼虫が入っていました。このまま暖かくなっていくとクロボシセセリは今年も宮崎市で発生するかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヒメオオ
2012年02月05日 12:57
クロボシセセリの幼虫は、顔も翅と同じく黒と白のツートンカラーなんですね!

この記事へのトラックバック